読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【体験談】親知らずの恐怖

これは私自身が実際に体験した出来事です。

f:id:garaga:20161128173121j:plain

 

どうも最近体調が悪い。寝不足続きで体が重い。

 

 

 

気づいたら私は手術台の上に横たわっていました。

 

 

「すぐ終わる」と先生。

 

あぁ、始まる。

すこし心臓がドクドクと脈を速め、手が汗でじんわりと湿ってきます。

 

先生は手を洗い、備え付けの紙タオルを勢いよく引き抜きます。乱暴です。

 

「麻酔しまーす」

細い銀色の悪魔が、ヨダレを垂らしてこっちを見ているのが分かります。

 

『くぅっ』と声を漏らす私。

長い悪魔の尻尾が、歯茎の奥へ奥へと進んでいきます。

『ううぅ』

「周りにもしていきまーす」

『かにはにはに

私の言葉はもう言葉では無く、入れ歯の取れた祖父の鳴き声のようなものでした。

 

キン、キン。金属と金属のぶつかる高い音。

もう私の歯茎に感覚はありません。あるのは だけ。

 

キュルーン。脳に刺さる回転音。

 

パキァパキァッ。飴玉が割れるときのような乾いた音。

 

ゴリィー。歯茎と歯を無理やり引き離します。

 

ピトゥ。舌の上に何か落ちました。

私は飲み込みそうになって『んへっ』

「いまとりますねー」

 

 

手術は終わりました。

横たわるようにして埋まっていた右下の親知らず。

この抜歯には苦戦したようですが、それ以外はあっさりと抜けました。

  

手術が思ったよりも安く、病院を出た私は近くの東急ハンズで6000円を使いました。

 

抜いた後すこし腫れましたが、一週間もすれば治りました。 

 

 

追記:小顔になりました。

広告を非表示にする