新型MacBook Proのキーボードは打ちやすい?

こんにちは、garagaです。

今回は、新型MacBook Pro (Late 2016)のキーボードについてお話しします!

 

f:id:garaga:20161128203351j:plain

 

MacBook Proでは初採用となった「バタフライキーボード」

Macユーザーの視点で、その感想・使用感をお伝えします!

まず初めに、打ちやすい。

ファーストインプレッションは「打ちやすい」です!

今まではDynabookロジクールの安いキーボードを使っていたのでそう感じるのかもしれません。

しかしアップルの高級な、作り込まれたキーボードを触ると興奮します。

打感は新感覚。

MacBook Proを薄くするために、キーボードも薄くなっています!

薄型化のためのバタフライキーボードは、私にとって新感覚です。

カタカタというより、ポチポチといった擬音の方が合います。

音はすこし気になる。

すこしタイピングが速くなってくると、パンパンという音が目立ちます。

図書館や静かな雰囲気の喫茶店では、キーボードにカバーが必要かもしれません。

しかしまだ周辺装備のバリエーションが少ない・・・。ぐぬぬ

強さはちょうどいい!

キーボードの強さですが、軽すぎず強すぎずちょうど良いです!

しっかりとタイプしている感覚もあり、使っていて支障はありません。

無接点式の東プレリアルフォース、あれは気持ちいいですよね!

新型MacBook Proのキーボードも、あれとは違いますが、何とも言えない気持ちよさがあります!

トラックパッドが広くて干渉する?

トラックパッドが大きくなったことで、タイピングの時に干渉してしまうという噂を聞きました。

そんなことはありません!トラックパッドは広くて便利です。

初めて使う私だからかもしれませんが、乗り換えても使っていたら慣れると思います。

 

まとめ

  総括すると、

  • 打ちやすい!
  • バタフライは新感覚!
  • 音はすこし気になる・・・
  • 強さはちょうどいい!
  • トラックパッドは広いけど、タイプの邪魔にはならない

  ということです。

 

 個人の好みもあると思うので、アップルストアや電気屋さんなどで

 実際にタイプしてみることをお勧めします!

 

 しかしタイプしてみたところで、買おうと思っている人は買うもんな・・・

 そんなに気にする人はいないだろう・・・

 

 

 新型MacBook Pro、オススメです!  

 

 

広告を非表示にする